ダイナミックプライシングが認識されるようになりつつあります。 ユニバーサルスタジオは繁忙期になると入場料が上がるシステムに 切り替えました。 1,000円程度上がるようです。 ダイナミックプライシングとは価格変動制。 需要と供給によって価格が変動する仕組みです。 時間によっても変動するので得したと感じる時もあれば損をした気分に なることも。 それも経験によってだんだんと慣れてきます。 価格変動を受け入れるようになると思います。 ところでダイナミックプライシングを考えていたら給与の設定について も柔軟に考えてもいいのではないかと思い始めました。 あと数十年したら会社と社員の雇用関係は「フリーランス」契約が主流に なると予想されています。 先取りになってしまいますが給与のダイナミックプライシングを少し強引 ですが考えてみたいと思います。