【fjconsultants365日Blog:3,766投稿目】
〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜fjコンサルタンツ藤原毅芳

取り上げてなかったCASE

自動車業界は日本において大きな産業のひとつで
関係している企業群も大きく、今後の行方は関心があるところです。

最近では大胆な予想も出てきており、トップクラスの企業が
消滅するだろうという論調まで出てきました。
しかも名指しで出ていたのです。
そのような段階に入ったのだと実感。

根拠となるのは、自動車の稼働率。
自動車の稼働率(走っている時間)は5%前後しかないことが
根拠となっています。

自動車シェア、自動運転などでこうした稼働率が上がっていけば
その分だけ自動車が不要になるからです。

そんな流れをあらわす造語があります。
CASEと呼ばれています。
今回はそのCASEを取り上げていきたいと思います。

CASEとは

CASEとは次の単語の頭文字からつくった造語。

  • Connected:「C」→接続
  • Autonomous:「A」→自動
  • Shared&Service:「S」→シェア(共有)
  • Electric:「E」→電動

上記4つの事象から自動車業界が大きく変化するだろうと
言われているのです。

ひとつずつ見ていきます。

Connected_コネクティッド

コネクティッドとは、接続するという意味で自動車が
ネットとつながることを意味しています。

すべての自動車が通信するようになるということ。
そうなれば、つながっている自動車全体がひとつとなり
全体最適が可能になるのです。

自動車稼働のムダが明確になり、ムダを取り除くことが
できるようになります。

たとえば道路の渋滞。
渋滞の発生がすぐにわかり、回避する道路を提示できれば
渋滞のない世界も実現できるのです。

Autonomous_オートノマス

オートノマスは自動車の自動化。
自動運転のことを指しています。

自動運転だけでなく他の部分の自動化も進みそうです。
接続と自動が合わされば、自動車はメンテナンスも
フリーにもなっていきます。

メンテナンスが自動化されるということです。
そうなると自動車整備という分野も縮小していくことが
予想されます。

Shared&Service_シェアードアンドサービス

最も大きく変わるのは、自動車の所有形態。
自動車は購入所有しか選択肢がありませんでした。
そこに個人リースも加わってきています。
ローンも残価設定型が増え、購入する選択肢は増えてきたのです。

これが今後は所有形態の選択肢が増えるということです。
所有しなくても自動車を使うことができるのです。

それがシェアリング(カーシェアリング)。
レンタカーのような毎回の手続きもないので一度利用した人は
「便利だ」と感じています。

次の不況期には更にカーシェアの普及が進むのではないかと
考えています。

Electric_エレクトリック

エレクトリックとは自動車の電気化。
エンジンではなくモーターによる自動車へと替わるだろう
と考えられています。

ヨーロッパの自動車メーカーが一気に電気自動車を出す
タイミングがそろそろ来ます。

ただ普及の妨げになっているのは電池問題。
こればかりは技術革新を待たなくてはなりません。
1回の充電で何キロ走ることができるのか。
これが500㎞ではなく700〜900㎞まで可能になった時に
電気自動車の普及が加速すると個人的に考えています。

まとめ:メーカーからサービスへ移行していく

こうしたCASEという環境変化に対して自動車メーカーは
どのように対応していくつもりでしょうか。

各社、自分たちのポジションを次のように表現しています。

  • モビリティ・プロバイダー
  • モビリティサービス・プラットホーム

ようするに脱メーカーというところにポジションを
つくろうとしています。
サービスの枠に入ろうとしています。

それが成立するかはこれからにかかっています。
というのも、企業として大規模になりすぎているので
サービスへと移行する時に、規模縮小をする企業も
出てくるのではないかと思っているのです。

そこが問われているのでしょう。
進化させる真価が問われているということだと思います。