【fjconsultants365日Blog:3,896投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

ときどき大きく変化する業界

お酒の消費は数年ごとに流行りが変わります。
大幅に変わってしまいます。
時には激変するときもありマーケットの気まぐれを
感じます。

たとえばこの数年を振り返ると「ハイボール」の躍進が
目立っています。
2008年がウィスキーの消費量の底になり2009年から
上昇が続いています。
https://www.suntory.co.jp/news/2012/11404.html
ゆるやかですがV字回復している状況です。

最近の特徴はどのような状況なのでしょうか。

酒類の課税数量

2018年は清涼飲料水とともに酒類が伸びました。
「酒離れ」は本当なのか?という疑問も投げかけられています。

具体的にどの酒類が変化しているのか見てみます。

国内製造分の酒類の課税数量の推移
国内製造分の酒類の課税数量の推移
https://meti-journal.jp/p/7399-2/

上記データ(グラフ)からわかることは
・チューハイなどのリキュール類の増加(1.8倍)
・カクテル材料のスピリッツ類は3.6倍の増加
・ウィスキー類は2.3倍の増加(ハイボール効果)
となっています。

全体でも3年ぶりにo.3%の微増となっており、お酒離れは
食い止められたようです。

それにしてもカクテルが増えているのが目につきます。
チューハイなどはアルコール度数の強い商品が好調に
売れているので伸びたのでしょう。

まわりでもチューハイの度数強めは「おすすめ」だと言われた
ことが何回かあります。
まわりからすすめられている場合には全体でも増えていることが
あるのでこうしたデータの確認は必須です。

sky
photo by takeyoshi fujiwara

個人的な好みは横に置いておいて

統計データを振り返るときは、自分の個人的な好みは
横に置いておくことになります。

個人的にはウィスキー好きですが、以前のような勢いは
なくなったと感じます。
いわゆる定着し定番にまでのぼりつめた感じがします。

そこに目新しさでチューハイ類とカクテルが出てきて
いるのでしょう。

カクテルについては2次会、3次会の増加が背景にあるのでは
ないでしょうか。
2次会、3次会の回数が増える度に消費量が増えるという現象です。

mt fuji
photo by takeyoshi fujiwara

まとめ

お酒は酒税の関係で正確なデータがつかみやすい。
そのため細かい動きまで把握できるという利点もあります。

そのためか細かい動きを見ると3年程度で周期的に流行りの
お酒が出てくることがわかります。
やはり新しいものを試したい、という気持ちが大きく、また
飽きてしまうという人間の性質が表に出やすいのでしょう。