【fjconsultants365日Blog:4,063投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

有能なスタッフほど

有能なリーダーは

・自分より優秀な人をメンバーとして受け入れられる人
・自分より優秀な人を納得させられる人


と感じています。
上記のことがまだできないリーダーは普通のリーダー。
業績が上がっていようが、まだ成長の余地があるリーダーとして
見られています。

下記のような内容を目にしました。

『部下は有能であればあるほど、単純に指示に従う可能性は低い』
ハーバードビジネススクール教授:リンダ・ヒル氏

「1兆ドルコーチ」シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え
エリック・シュミット著(ダイヤモンド社)より
https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZCY5BXF/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_8YYrEb6KZMWYX

有能なスタッフほど、リーダーの
・指示に従わない
・OKを出さない
・納得しない
・カンタンに受け入れない

そうなっている。
だからこそ、自分より優秀な人をスタッフにできる
リーダーは限られます。

リーダー初心者は、スタッフに下記のことを求めてしまいます。
・同調
・イエス
・称賛

そのため、同質化されたチームしか醸成されません。
なので、チームとして業績が爆発することはないのです。
(黒字チームとして業績を上げている場合は評価は高いです)

チームを爆発させるには、異端も受け入れ、多様性のある人
たちを束ねていく。
そのような能力がリーダーに求められるのでしょう。

イノベーションを起こすリーダー

イノベーションはひとりの天才から生まれる・・・
だけではありません。

ひとりからイベノーションが発生することもありますが
通常はチーム戦です。

社内だけでなく、社外の頭脳も交えた仕事。
異端児ばかりのときもあります。
そんなメンバーで議論を交わせるようにする。
そんなメンバーで仕事を形にできる。
そんなメンバーで仕事を進捗させられる。
そんなメンバーで最後まで到達させられる。

そこがイノベーションを生むリーダーなのです。

集団の創造性をマネジメントする
https://www.youtube.com/watch?v=DjcZrtcBZi4&feature=emb_title

まとめ

リーダーシップ論は奥が深く興味深い。
正しいと思われていたリーダーシップ像が時間の経過とともに
変化していく。
4年周期で新たなリーダーシップ像が主流へと登場している
ように感じます。

これから変革期へと突入するので、イノベーションを起こせる
リーダーがクローズアップされていくでしょう。
また、会社の新たな局面を開いていく強烈なリーダーも出て
きそうです。

今週の一枚

下記写真↓は今週の一枚。
早朝(一便)で羽田に戻るときに撮影。
あまりにも幻想的な雰囲気。
画面をクリックしてパソコンなどの画面で見てほしいです。
(iPhone11proで撮影)

photo by fujiwara takeyoshi