fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

経営者が考えておく景気後退期間と運転資金確保

米国景気循環_内閣府資料

【fjconsultants365日Blog:4,092投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

景気循環

景気は循環する。
景気が拡張期間が続くと「循環」するのを忘れる。
2年以上景気拡張が続くと「まだまだ続きそうだ」と
景気が循環する事実を忘却する。
それが普通。
別にわるいことではない。

しかし、経営層はそれでは不都合が生じる。
景気後退期に突然入ってしまうから。
景気後退期は思ったより突然やってくる。
前兆はあるが、見ないようにしているのか
突然のように感じる。
それが感覚というものです。

さてこの景気後退期局面はどの程度の期間続くのか。
今回はそこから考えてみたいと思います。

景気後退局面は◯◯ヶ月

米国景気循環_内閣府資料

上記は内閣府資料で「米国景気循環」の表になります。
戦後の米国景気循環のうち後退期間の平均は10ヶ月
なっています。

一説には下記のように

「景気後退局面は平均16ヶ月、最長30ヶ月程度」

と言っている人もいます。
正確に景気後退期期間がわからなくても
・最低1年間程度
は後退期間が続くのが理解できます。
最長でも2年間〜3年間程度です。

その時間の長さを今から想定しておく。
これが最善です。

運転資金◯◯ヶ月分

1年間、2年間、3年間と景気後退期が続くと考えたとき
経営では資金繰りの心配が予想されます。
「中小企業では月商の1ヶ月分程度しか資金を持っていない」
というニュースも目に入ってきました。

どの程度、運転資金を確保しておけばいいのでしょうか。

7金融機関から80億円借り入れ ブシロード:日本経済新聞
企業活動の機動性を高めるために、24カ月分の運転資金に相当する240億円を手元に確保することを目安にしている

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO56723010S0A310C2DTA000/

上記は上場会社の事例です。
この会社の創業者は、以前自分で創業した会社を上場させましたが
債務超過に陥って人に譲っています。
再度新しい企業を設立し、再度上場させた経営者の判断が
【24ヶ月分の運転資金を確保する】
です。
参考になる事例です。

まとめ

今回は、景気後退期間からわかる運転資金確保について
考えてみました。
ある一定の法則が導かれます。
今回の新型コロナウイルスから発生する景気後退が
どの程度になるのかまだ予測はできません。
想定以上になる可能性も否定できません。
ただ、何が起こっても経営は継続です。
そのためにも、こうしたシミュレーションは欠かせません。