fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

今年のゴールデンウィーク結果

森林

【fjconsultants365日Blog:4,146投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

ゴールデンウィークをこのように

ゴールデンウィークに何をしていたのか
ヒアリングしてみると年末年始のときのような
過ごし方をしている人がいます。

大掃除やDIY
もしくは、不用品をリサイクルショップに売りに
いったり。
中古品としてメルカリで販売したり。

気がついたのは

ゴールデンウィークに気がついたことは、クルマの
洗車率が高いこと。
走っているクルマがキレイだったのです。

時間があり天気も良かったので、とりあえず
洗車でもするかな、と感じたのではないでしょうか。

DIYの比率も高かったです。
ホームセンターで木材を買って棚をつくったり
ウッドデッキを設置したり、と時間を有意義に
使っていたようです。

desk

リユース、リサイクル


メルカリは本当に活況のようです。
メルカリで売れたあとにコンビニから発送しますが
コンビニの端末がメルカリと交信できない状況だった
ようです。
中には端末操作だけで30分かかった人もいるとか。
それだけ発送の数が多かったのでしょう。

メルカリに出している人が言うには「毎日のように
売れている
」とのこと。
こんなことは、はじめてだそうです。
(メルカリ:ヘビーユーザー談)

時間があると掃除を兼ねて不用品を売却し、現金を
手に入れる。

こうしたサイクルで活動している人が多いと感じた
今年のゴールデンウィークです。

お金を使わないだけでなく

ゴールデンウィークなどの長期休暇で外出が
できない状況のとき、お金をあまり使いたくない
という感情が出ます。

節約したい。
そう考える人も多いはず。

そんな中、お金を生むということも考えはじめる
のが最近の特徴。

スマホで写真を撮るだけで売れる。販売できる。
メルカリはその点では本当に手軽です。

出品の金額設定も教えてくれるので何も考える
ことがありません。

とりあえず売ってみよう。
売れたらラッキー。
現金が手に入るからです。

家で眠っている品をお金にかえる。
眠っている価値ある品が生き返る。
そんなことが気軽にできる時代だと気付かされます。

まとめ

東京では下町商店街では人の出がまずまず
あったようです。

というのも、お店がオープンしているからです。
おそらく店舗のオーナーが近くに住んでいるから
でしょう。

そうでないエリアは店舗が数多くあっても
ほとんど閉店しているそうです。

街によって大きく違う様相を見せています。
自粛はあと何日なのでしょうか。
自粛が続くと感染は防げますが、その一方で
経済のダメージは深くなるだけです。
その点だけが心配です。