fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ひとり10万円給付金で買ったもの

cat

【fjconsultants365日Blog:4,191投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

10万円バブルなるか

1人当たり10万円給付金が配られています。
まだ振り込まれていない人もいるかもしれませんが
この給付金をどう使うのか?
気になるところです。

給付金とは、

特別定額給付金

「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。
https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/ より抜粋

と目的が記されております。
景気対策の一環だと考えるとわかりやすい。
瞬間冷凍のように停止した経済活動を挽回する
ためにあると考えています。

では、1人10万円の給付金で何を購入したのか
そんなことをまわりにヒアリングしています。

貯金する』という人がもっとも多いという
データも出ていますね。

先行き不安を感じている人ほど使わないのは
一時的な収入である賞与(ボーナス)でも
同じ現象が見られます。

中には、欲しいモノがない、と感じている人も
数%いるのがデータからわかっています。

使っている人たちは

給付金が入ったから購入する(購入した)』と
いう人が実際に買っているモノや投資したことは
生活費に充当する以外では

・食材お取り寄せ
・寄付(ふるさと納税含む)

・家電購入(エアコン等)
・ペット購入
・自分に投資(資格、美容)

・資産運用(株投資など)

といったところです。

ペットショップで品切れ、と報道されていましたが
身近な人のところでもペットを購入したと聞き
広がっていると予測しています。

ペットを購入するという行為は、高額商品購入と同じ。
臨時で入ってきた収入だと決断しやすいのです。

家電も同様。
前から欲しいと思っていたが決断できなかった商品を
買っていることがSNSを見てもわかります。

自分に投資については、たとえば女性なら美に
投資しているそうです。
美容室でも「追加で・・・も」と依頼内容が
増えています。

これも給付金現象と解釈しています。

米国では

米国も同様の給付金を配布していますが
20代などの若年層がスマホアプリでできる
株式投資に流れ込んでいるようです。

一気に加入者が増えた株式投資アプリがあります。
加入者がコロナ時期に3倍になったようです。

ただ、こうした株式投資初心者が株式市場に
急増するときは、決まって急落するものです。
今後の米国株価に注目です。

まとめ

こうして見ると日本の給付金10万円も若干ながら
効果はあると見込んでいます。

しかし、経済を押し上げるまでの規模にはならない
と予測しています。

もし景気対策として本気でやるならば、量が不足
もう一度、給付金を出すか、消費税を撤廃するしか
方法はないのではないでしょうか。

次の施策が問われると思います。