【過去Blogピックアップ一覧】

評価の高かった記事等をピックアップしています。

下記項目に分けております。

1)【経営のヒント】

2)【事業創造のヒント】

3)【リーダーのヒント】

4)【営業のヒント】

5)【技術(スキル)のヒント】

6)【人物伝

7)【その他】

 

1)【経営のヒント】

会社側とこちら側で組織力がわかる

評価にも優先順位がある

経営に必要な能力のひとつデュアルな視点

任せてる、と、ほったらかしの差 ★

組織図を前にして再構築を考える ★

歯止めの連鎖で経営の結果を出す

1人でもやり切るリーダーが経営層にのぼる

環境があって性格が決まってしまう

優先順位とバランスで経営のセンスを磨く

経営における 精度 と あいまいさ のバランス

会社の改革は表(シート)を完成させることなのか?

組織が動き出す【2割】、変わり出す【5割】

経営方針が【統廃合】から【分散化】へ

幹部合宿で課題解決【表層の課題】から【真の課題】へ ★

仕事とプライベートを分けられない時代へ ★

収益を向上するには細分化するしかないが

経営は人が基盤であり、はずせない部分 ★

組織のマイナスサイクルをプラスに変えるには ★

企業の理念をシンプルに伝える ★

人の見極め方(2) ★

人の見極め方(1) ★

集中と同時並行のバランス

ナンバー2(ツー)が会社をダメにする

優秀な人材を定着させるには

埋め込まれたクサビを抜き取る ★

昇進すると悪化する社員 ★

教育と採用の配分は組織の大きさによって変化する

例外を認めると一気に崩れはじめる ★

チーム編成を阻害するもの

強力なNo2の存在意義と功罪

事実を見抜き、現場(社内)を変える経営

事実を知るために

これからは震災後の価値観に変えていく企業が伸びていく

相関関係と因果関係を知り経営を理解する【保存】 ★

組織がストッパーになっている

ブラックボックスになっている

有事の時こそ無関心グループをゼロにする

質問:相手の見えていない部分を見るには?(1) ★

質問:相手の見えていない部分を見るには?(2)

「現場を変える」という発想の原点 ★

相手の後ろの後ろまで見えているのか?

隠れた「言い訳」に気がついているのか

売れないものはゴミ

経営計画は記憶できない?

組織のボトルネックとは

なぜ、会社は利益を出さなければならないのか(1) ★

なぜ、会社は利益を出さなければならないのか(2)

なぜ、会社は利益を出さなければならないのか(3)

なぜ、会社は利益を出さなければならないのか(4)

課題解決法より的確な課題発見力

社長は個人面談をすべきか ★

会議が必要か?

組織の調整はどこからやるのか?

100:30の割合で考える ★

経営者が文章力を磨く方法(時間編)

経営者の仕事であり能力

ユニークな会社事例「サンエー」 ★

「できる・できない」と「やる・やらない」の軸

社長の同級生を入社させる時

 

 

2)【事業創造のヒント】

シミュレーションとフラットな視点で新規事業をたちあげる ★

リーダーの技術【理解の順番】と【理解度】

イノベーションが世界のGDPを押し上げた

ローコストキャリア航空界社の構造 ★

日本初のLCC航空会社【Peach】のブランディング開発

うまくいかなかった最初の商品 (13 First-To-Market Products That Failed) ★

鬼ごっこをして集客!? ガイナーレ鳥取

1992年以降生まれのミレニアルズ世代とは(millennials)

スピードの速さで研ぎ澄まされる

同じものを海外から購入してみると

スマートフォンに集約された3つの分野

ビジネスは実験の連続 ★

大学が所蔵品をフリーで公開 Yale Digital Commons

すべての業種が向かうところ ★

検索精度を高める blekko.com

太陽光だけの飛行機 Solar Impulse

製造業のキーワードまとめ ★★

大きな世の中の流れを知っておく

フェイルセーフ(fail safe)とは

事例:カタログハウス(通販生活)

企業活動基本調査について

新事業のマーケティングプランとは

一発逆転を狙うと、どうなるか

資産の棚卸:どこまでが資産なのか?

事業の道筋を立てる

インフラとなり価値を完成させる

経営革新事例

元気なモノづくり中小企業300社

経営危機データベース

企業事例:通販会社 diapers.com

自律移動ロボット kiva systems ★

時間で販売する

レールサイド戦略とロードサイド戦略

企業事例:DHC

直接販売する道をつくり出す出版社

企業事例:スイーツパラダイス ★

大胆な仮説の時代

事業をつくる、起ち上げるポイントは2つしかない

 

 

3)【リーダーのヒント】

知識と経験値のバランスを磨く

言っていることの正当性と無責任さの両面

確認しているようで無視をしているリーダー ★

時代の変化に追いつけないリーダーとは

言い訳が上手な人は優秀なのか?

距離を察知しアプローチを変える

売上げより内部固めにはしるリーダーの結末とは ★

いつも話しをかぶせてくる人がリーダーだと ★

粘り強さと短気さのバランス ★★

リーダーのカン違いは影響力のとらえかた(伝達公式)

質の高いものは最終的に必ず評価され広まる

新リーダー育成プロセスの優先順位

【自分のために発言】しているのか、【他人のため】か

【会社のため】と【自分のため】、どちらが先でもかまわない ★

だれも教えない顧客DB定着の手順 ★

【権限委譲】と【現場介入】の使い分け

無責任な雰囲気を回避するには ★

行動と発言の割合がリーダーを決める ★★

モチベーションを考えるのは後かもしれない ★

人間的魅力のあるリーダーとは男芸者か

リーダーは形から入る

どうしたらリーダーになれるのですか?

叱ることができるか

会議が長引くことは、よくないのか? ★

会社に恐い人がいなくなった ★

リーダーの極意 【統御と指揮】

人を育てられないリーダーの特徴

ストレス耐性を上げる

社員教育がうまくいかないのですが

失敗の許容量で部下の成長が決まる

採用時に上司が決断すること

「本人の自覚に任せます」

プロセスを機能的に完成させる ★

社内に数値目標をどうやって落とし込むのか

リーダーは浅く広く関連業界まで知っておく必要がある

仕事ができるが影響力もある社員をどうするのか

相関関係のウソ ★

会議の時間を半分にしてみると

何が足りないの?

リーダーが深く関わらない

ベテランの活躍が少なすぎる

人の器量とは

こんな時だからこそPDCAよりOODA

困難なときに力がわかる

リーダーの言行一致

断定できる人が必要な時期

許されるという、体験がおかしくする

「言い訳」に対して、じわっと強く

リーダーの感覚のズレ(1) ★

リーダーの感覚のズレ(2)

リーダーの感覚のズレ(3)

稼働率を上げるには(1) ★

稼働率を上げるには(2)

稼働率を上げるには(3)

会議の司会がうまくいかない:会議運営法

教えるのが下手なので

統制の範囲とは

リーダーは、ことばの使い方を覚えさせる

会話が少ないことはあっても多すぎることはない

じゃあ、どうやればいいか教えてください!

部下を育てる手法のひとつ

メリハリのあるミーティングとは

責任感を教えるには?

発言が度々変わってしまうリーダー

他部署が協力してくれない

どのタイミングで声をかけるのか

リーダーはスピーチで判断される

考えさせたいことを疑問形で思考をまわさせる

ダイナミックな動きをつくる

1人から2人になるときが最大化

発言の本心を捉える

 

 

4)【営業のヒント】

営業力とマーケティング力のバランスをとる

営業は訪問より接触回数、しかも人を巻き込んで

データしか見えない人と顧客の姿が見える人とのちがい

【まだ出会っていない顧客】をどこまで見えるか

顧客満足のはき違え ★★

諦めない姿勢の思考回路【コントロール】部分について ★

仕事のバランス、【効率】と【ムダ】 ★

ここにきて開拓力の差が結果を左右している ★

優先順位をまちがうとすべてのアポが台無しに

セミナーでクロージングする

見学会やセミナーを運営する

営業って職種は、そんなにつまらない仕事なのか? ★

休日の顧客からの電話、どうとらえるのか?

1ヶ月前倒しで達成 ★

足りないからできない

60秒のプレゼン

商品だけで売りになるのか

営業活動は電話を有効に活用するべき

勇気を持って絞ること(長期関係性への道) ★

顧客を開拓するポイントがわかりません ★

なんだ、まだあるじゃないですか

価値を認めてもらい同じ内容で受注金額が倍に

一流のプレゼンに接して

購買意欲の段階を知り確率論を成立させる

アポイントをいただくために

担当者変更時の訪問頻度 ★

営業組織の法則 ★

顧客から見える視点を可視化する

不況のときは提供範囲を広げる:事例

数量単位によって捉え方がわかる

「強気の見込みです」と言えるまでに

人にアドバイスし始めたら安心できる段階

競合先対策とは

ポテンシャルリストの入れ替え

小さな点でしか顧客は判断していない

顧客との期限のない約束を守れるか

松竹梅の原則 ★

関係性と結果は別物として考える

聞き出し項目:商品の軸、人の軸、会社の軸

競合より価格が高いとき、どうする?(1) ★

競合より価格が高いとき、どうする?(2)

競合より価格が高いとき、どうする?(3)

競合より価格が高いとき、どうする?(4)

手強い相手との交渉の場へ臨むとき

保存:オズボーンのチェックリスト ★

競合の計画をどれだけ崩せるのか ★

戦わずして優位性を保つ

ビジネスは競合を叩きのめすことではない

交渉力とは、なにか

商品をPRする、商品を提案する、のちがい

商談時に示唆質問で意識を高める ★

理想の範囲内なら任せてもらえますか?

購買金額と購買動機の関係

数字が上がらない営業チームの特性

営業1人当たりの顧客数の法則

新規開拓のために役割分担をして突破する ★

個人の力で営業する時代が終わった

売れる営業とはどんな人か? ★

相手の役職によって求めているものがちがう

他社は「ズルい」やり方をしているんです

顧客の購入時期を予測してみる

商談は「予算、動機、時期」を予測する ★

理解にも段階がある

「できないはずがない」と思ってます

報告内容を変えるだけで向上する

報告の内容で徹底度がわかる

営業のヒアリング項目は100以上

顧客について知っておくべき知識

知られていないことを発見する価値

言葉を言い換える

 

 

5)【技術(スキル)のヒント】

技術と知識を共有するときのコツ ★

スペースシャトルの30年間 space shuttle

組織を強くする技術の伝え方 畑村洋太郎著

デジタルツールを仕事で活用する時代に smart phone

工場の省エネ対策について

仕事の処理速度を速くする技【速読】 ★

写真を鍛える

事実は理解を与える:映画 12人の怒れる男

保存:オズボーンのチェックリスト

分析の手法のひとつ

表現力 情報のデザイン

状況確認を2重、3重に

インフォグラフィックス_ソーシャルメディア

リサーチ力を向上させる(1) ★

リサーチ力を向上させる(2)

視点の違いを理解する

インフォグラフィックスを知る

品質を上げるために何を調整するのか

市場規模・マーケットシェアの調べ方

アイデアは「ひらめき」だけではない

 

 

6)【成長のヒント】

マイナス思考の人でも大きく成長する理由

継続できる「しぶとさ」とは ★

10年やれば誰でも、ものになる

ストッパーがはずれた後の自立力

石井裕氏の講演から学ぶ TEDxTokyo – Hiroshi Ishii ★

新人のルールとは

プロの人はこんなクセがある ★

日本のどこで、だれが、いつ、どんな努力をしているのか

仕事の上達は読書と新たに試すこと

空中散歩 The Grand Canyon Skywalk

27歳と35歳の節目に考えること

なりたい自分と現在のギャップの埋め方

マイナス思考がとれました ★

仕事の実力と評価が一致するとき

プロの意識が結果の差に出ている

誠心誠意とは

「仕事できます」と「結果出せます」のちがい

大きくとらえること思考がどう変化するのか

見えないから不安になりフリーズする

なぜ日頃から実力をつけないといけないのか

仕事のバッファをとる

健全なライバル意識

本を読む前にやることがある

予想外のことが起こったときの対処法

読書の方法    本の連鎖

不安解消には、自分の実力を上げるしかない ★

facebookとか、やった方がいいのでしょうか?

大枠でとらえる(1) ★

大枠でとらえる(2)

リサーチ力を養うための書籍たち

仕事の実力が上がるとまわりはどう評価するのか ★

毎日進捗させる意識を習慣化する

仕事の確認に遠慮はいらない

客観視→他人評価がすべて→レベルがわかる

仕事のスタンスはどこで形成されるのか

社内の誰から教われば成長できるのか ★

反復の価値(基礎練習の価値)

善人と悪人と、どちらが稼いだ方がいいですか?

出し切ることとで複利計算になる ★

能力を蓄積させるラインとは?

習得の技術:基礎のつくりかた

 

 

【人物伝】

奈良美智氏の世界ができるまで

陰で支えた人たち

シルク・ドゥ・ソレイユのビジネス

笑顔がつくる輪 水谷孝次氏

水戸岡鋭治氏 工業デザイナー

ロケット★マン~種子島・夢を打ち上げる人びと~

川崎和男氏 KAWASAKI Kazuo

スイッチが入る

出し尽くすときに怖さが出てしまう

イーロン・マスク氏 Elon Musk

耐震構造の父:内藤多仲氏

温故知新とナガオカケンメイ

 

 

7)【その他】

チタン鉛筆と名刺サイズメモ帳

5年前の理想ツールが実現している

投稿が365を越え外部脳として機能しはじめる

携帯電話業界について

法人向け:防災用備蓄品 ガソリン缶詰

日本の工場について:統計数字

将来人口の推移から未来が見える

居住地域の2割が無人化になる?2050年

書籍「一攫千金新実業法」

統計数字:コンビニより多い店舗数の業界

もはや戦後ではない 1956年7月

文明の存続と文字の発達

 

 

(注)

当ブログに書かれてある内容には、慎重なリサーチの上

記述されておりますが、御社(または個人)に当てはまる

場合とそうでないケースも存在します。

また、記述されてある内容通りに実施されても結果が

出ないケースもありますのでご注意ください。

取組みや結果においては責任を負うことはできませんので

自己責任でお願い致します。

 

 

 

 

 

 

20110730