fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

「事業承継」の記事一覧

山岳

再建型の経営者登用がはじまった

上場会社の経営者が交代していますが、以前と違って 再建型の経営者が抜擢されてるのに気づいてますで しょうか。 もしくは若手抜擢の社長人事がなされていることも 目につきます。 40代社長に事業承継しているのです。 新型コロナウィルスによる不況が始まりましたが、 こうした時期の社長交代は
ビジネスマン

社長のストレスとは

「社長にはストレスがない」「社長はストレスが少ない」とまわりから思われていることがあります。・自由に発言できる・自由に行動できる・誰からも何も言われないからストレスがないだろうと思われているのです。本当にそうなのでしょうか。自由なのは確かですが、自由の裏側には責任がつきまとっています。そう、すべての責任(100%)を担っているという事実からは逃れられません。資金調達や買掛に対しても個人保証を求められることもあり法人と個人が密接につながっていることが多いのです。こうした背景がなかなか見えてこないので社長のストレスは隠れてしまっています。

後継者である新社長は経営理念を刷新すべきか

 新社長に就任する後継者(承継者)からの 相談の中には 「経営理念を新しくしたいのですが」 「今まで明確に打ち出していなかった経営理念を 刷新したい」 「新社長になるタイミングで打ち出したい、新理念を」  という苦悩があります。 先代との違いを出していきたい、自分の カラーに会社を染めていきたい、といった 希望ととまどいがそこに隠れています。   大きなインパクトを残したいと思いながら 影響がマイナスに響くと困ったことにも なるので、経営理念・経営ビジョンを 新しくするかどうか悩むところです。   新しい、自分なりの経営理念・経営ビジョンを 考えようと思った時も、思いつく言葉も 出てこないこともしばしば。   他社の経営理念を見てもピンとこない。 そんな状況に陥っているならば、次の ようなプロセスを描くとスムーズに 進むと思います。  
ビル

親の会社を継ぐのですが

ここ数年、後継者問題に直面する企業からの 相談が増えてきました。   いわゆる団塊の世代の経営者が70代になり 事業を承継するタイミングが急に増えたのが 原因と言われています。 「事業承継のピークがこれから迎える」 でも取り上げ書いておりますが、経営者の 平均年齢は下がることはなく上がり続けて います。   中規模企業:67歳 小規模企業:70歳 が平均年齢となっており、実際に事業承継の 話しが聞こえてくる回数が増えているのを 実感しています。   先日、