「将来予測」の記事一覧

固定費見直しのきっかけがつくられるタイミングが来ている

ニュースから企業経営のヒント 将来予測

人は何かのきっかけで動き出す。 消費税アップ前に「断捨離」を行っている人も多いのでは ないでしょうか。 モノの断捨離もそうですが、企業や家計における固定費の見直し (コスト見直し)も行っているようです。 ・固定費(コスト)が適正なのか? ・同等な内容で最安値はいくらなのか? を調べておくこともこの時期には

100年前の時代から経営は学ぶことがあるのか

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
製造

新聞記事で公開されましたが製造業の業績悪化が 明らかになりました。 予想はされていましたが半数以上が純利益が前年同期比で減少。 (上場会社151社の4月〜6月期の業績調査) 下がっています。 今後も下がり続けると予想されています。 日本では製造業の割合が大きいので影響はあります。 心理的ダメージも与えてしまう可能性があります。 今回は製造業について見ていきたいと思います。

節約をキーワードにビジネスを先回りしておく

将来予測
買い物

この夏は消費を抑える傾向だと予想されています。 それが現実になるならば消費傾向が変化します。 すでに変化し始めている兆候は出ており、消費を抑えることが 現実になりそうです。 そうなるとビジネスも変わる。 変わるのを想定する必要がある。 先読みし過ぎぐらいが適度。 ということで、傾向を予想し準備につなげていきたいと思います。

想定外はNGワードとして社長は会社経営する

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
紙幣

「もし、◯◯になったらどうします?」 「えっ、そうなりますか?」 「なるかわからないけど・・・」 「じょあ、そのときに考えればいいのでは」 「・・・」 シミュレーションは最高の状況と最悪の場面を考えることだと 個人的には考えていますが実際にはそうではないようです。 あくまでシミュレーションなので最悪の想定もするものだと思いますが 「プラス思考」にとらわれている人ほど「マイナス」なことは 想定さえしてはいけないと考えているようですね。 楽観的というのは

変動制給与体系はありか無しか

働き方 将来予測

ダイナミックプライシングが認識されるようになりつつあります。 ユニバーサルスタジオは繁忙期になると入場料が上がるシステムに 切り替えました。 1,000円程度上がるようです。 ダイナミックプライシングとは価格変動制。 需要と供給によって価格が変動する仕組みです。 時間によっても変動するので得したと感じる時もあれば損をした気分に なることも。 それも経験によってだんだんと慣れてきます。 価格変動を受け入れるようになると思います。 ところでダイナミックプライシングを考えていたら給与の設定について も柔軟に考えてもいいのではないかと思い始めました。 あと数十年したら会社と社員の雇用関係は「フリーランス」契約が主流に なると予想されています。 先取りになってしまいますが給与のダイナミックプライシングを少し強引 ですが考えてみたいと思います。

音声入力の実用性と次の入力インターフェースとは

将来予測

2年ほど前から「音声入力」にはまっています。 精度が許容範囲に入ってきたので通常使用で問題を感じない ことが大きな要因。 書く量が増加したのも、もうひとつの要因です。 ここ1年ほどはさらに書く量を増加させているので テキストの入力作業が問題になってくるのです。 今のところキーボード以外となると音声入力に落ち着きます。 これが将来どうなっていくのかを見ていきたいと思います。

経営判断のために景気を読む

ニュースから企業経営のヒント 将来予測

経営の判断において3ヶ月先、6ヶ月先、1年先の先読みが根源になります。これをどう読むのか。予想するのか。特に予測が極端に分かれる時が要注意です。これから景気は上がる、いや下がる、と2手に予測が分かれると最終的な経営の判断が確度の低いものになってしまうからです。ただ、先は読めるのか?という疑問があることでしょう。これは現在発生している部分と過去の事業の規則性を比較しながら予測していけば

リサイクルされる商品と新品商品との関係は逆転するのか

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
macbook

将来はどうなるのでしょうか。新品の商品とリサイクル商品の関係です。どちらが優位性を持つようになるのでしょうか。現在は過渡期なのでまだ新品商品の方が多いです。しかし価値観の転換は世代ごとにゆるやかに転換していきます。10年後、20年後には逆転するのではないかと考えています。その根拠を体験を元に考察してみます。

これからの住宅はIoT化へ。住宅業界はIoT知識が不可欠に

ニュースから企業経営のヒント 将来予測

住宅業界では「IoT住宅」が話題になりつつあります。背景にはスマートスピーカー(AIスピーカー)の普及が広がっていることが要因です。スマートスピーカーによって操作ができる商品群も増えたこともIoT住宅を加速させています。この流れ、今後も広がるのでしょうか。IoT住宅が普及するのかを考えながら住宅業界の変容を予測してみたいと思います。

ゼロ円で生活したい

将来予測
お札

「週末ゼロ円で過ごしました」「お金使ってません、まったく」「ゼロ円で生活したい、と考えてます」そんな極端な生活をする人がまわりに出現していませんか。お金に振り回される人生がなんとなく嫌になって、お金からの自由を求めたくなっている人たちです。「お金からの自由」を考えるとき、・お金を稼ぐという発想もありますが、そのもう一方で・お金を使わないという極端な発想も出てきて当然なのです。振り幅は大きく、両極端に人は分かれていくという法則があるくらいです。今回はその中で「ゼロ円生活」について考えてみたいと思います。

やめるきっかけを与えると

将来予測

「今年の年賀状、減ったよね」 そんな会話を何回か耳にしました。   もともと年賀状の発行枚数は1年前 と比較して7%減で準備されていました。   まだ実際の数は公表されておりませんが 7%減で収まっていないのではないで しょうか。   今回はハガキ郵便料金を値上後はじめての 年賀状になります。 2018年年賀状は据え置きで対応しましたが 2019年年賀状は実質の値上げ初年度になり

年末商戦の肌感覚

将来予測

昨日、通販のある商品販売価格の推移を 調べていたところ秋から年末にかけての 異変に気が付きました。   ここ2〜3年ほど値崩れしなかった 商品が大幅に安く売られていたの です。   たとえば下記の価格推移をご覧ください (クリックすると新規タブで開きます) この商品の1年間の価格推移グラフに なります。   1年前は12,000〜13,000円程度でしたが 3月(2018年)の春商戦から20,000円に 値上げ。   それが9月から一気に

適応するかではなく解決していく

将来予測

SDGs(エスディージーズ)とういう単語 があります。 「持続可能な開発目標」のことを 指しています。   2015年の国連でされた2030年までの 目標です。   当Blogでも過去に動画を取り上げて います。 「持続可能な開発のための2030アジェンダを読む」 ようするに世界が抱えている課題を この目標設定により解決していこう という主旨です。

坑道の中のカナリア

将来予測

坑道の中のカナリア(canary in a coal mine) という言葉があります。 今では使われていない手法ですが 炭鉱で一酸化炭素中毒などの毒ガスを人間より先に 察知させるためにカナリアを用いて いたという歴史があります。 それが今では比喩、たとえとして 使われています。

ページの先頭へ