「将来予測」の記事一覧(2 / 5ページ目)

定額ライフの世界へ

将来予測
生活 通勤

将来を予測すると 遠い将来かもしれないが大胆な予測をすると 定額制が生活の中に広く浸透すると 考えています。 どこまで定額制が浸透するか 考えてみたいと思います。 定額制だけで生活のモノがまかなえる ようになると

QRコード決済のリスクとは

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
fjコンサルタンツ動画ダイジェスト

キャッシュレス決済が来年から広がる 消費税が2019年10月から10%へとアップ する予定ですが、キャッシュレス決済は 消費税そのまま(軽減税率適用)に なる見込みです。 そうなると一気にキャッシュレス決済は 走る人が増えるでしょう。 消費税アップ分2%が割引になるなら 手間をかけてでもキャッシュレス決済へ 歩み出す人が増えるからです。 キャッシュレス決済はついては使い始めると あまりの便利さにやめることができない ほど便利なツールです。 ただ怖さもあるのでキャッシュレス決済へ 移行する動機がなかっただけでした。 これがキャッシュレス決済の方が得になる 状況が生まれるので流れが変わります。

5GでIoTが爆発

ビジネスキーワード 将来予測
IoT

5GとIoT 当ブログでは、過去に 携帯の通信が5Gへ切り替わることや IoTについては個々に取り上げています。 工場IoTが一気に加速するかも 遠隔でも可能に この両方が実現した時に、一気に 爆発するような予想をしています。

1万ドル以下で出てくる、来年に(2019年)

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
ロボット

産業用ロボットの軽自動車版が 今まで産業用ロボットは高級車クラス しか存在しませんでした。 いわゆる1台1,000万円クラスです。 そんな中で500万円クラスのロボットも 出てきていましたが爆発的な普及には なりませんでした。 やはり導入するのには価格がネックになる のです。 そんな中で産業用ロボットの軽自動車版が リリースされました。

コスト ・ベネフィット分析で考えてみる

ビジネスキーワード 将来予測

コスト・ベネフィット分析 あるプロジェクト、事業を開始する前に そのプロジェクト、事業が実行する価値が あるかどうか判断に苦しみます。 その経営の判断をするにあたって、判断基準を 検討する必要があるのです。 様々な手法がありますが、今日は 【コスト ・ベネフィット ( B / C )分析】(費用便益分析) を取り上げます。 コスト・ベネフィット分析というのは、

失業率が下げ止まると給与が上がり始める

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル 将来予測
ビジネス

失業率が下げ止まると給与が上がり始める 「失業率が下げ止まると給与が上がり始める」 という説があります。 労働力調査(2018年8月分)によると ・就業者数:6,682万人 で ・完全失業者数:170万人(男100万人、女70万人) となっています。 完全失業者数は99ヶ月減少を続けています。 失業率は2.4%となっており、

純資産プラスマイナスゼロ

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
国の財務書類

企業経営はバランスシートで見ている 当たり前のことですが企業経営は バランスシート(B/S)であらわされます。 資産と負債を左右で表現し企業経営の状況を 示しているのです。 バランスシート(B/S)には経営者の個性が 出ており、どのような経営をしているのかが わかります。 経営方針がわかると言われているのです。

関係人口を増やす

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
関係人口

関係人口とは 地方の過疎化を防ぎ活性化をもたらすために 移住者を増やす動きがあります。 人口を増やすという目的で定住希望の方に 来てもらう取り組みです。 各地方では、住む場所を安価で提供したり しています。 ただすべてが上手くいっているわけではなく 特定のブランドになったエリアだけが

航空会社が瞬間移動を開発中

ビジネスモデル 将来への投資 将来予測
スピード

航空会社の将来不安 航空会社会社には将来不安があります。 それは人が移動しなくなる不安です。 言い換えると ・移動しなくてもいい世界になってしまうこと の不安です。 最近の20代男性は休みの日に外に出る率が 減少しています。 娯楽が家の中で完結してしまうからです。 家の中で満足できる環境ができつつある ということです。

単身世帯の割合が増加

将来予測 統計データを定点観測
単身

単身世帯数が増加している 単身世帯数は人口減とは反比例して 増え続けています。 ニュース等の論調では ・結婚しなくなった という内容のものもありますが実際には ・高齢者の単身世帯増加 も大きな要因のひとつです。 今まで、モデルのなる世帯像というのは

今年の秋は目が離せません

ニュースから企業経営のヒント 将来予測 経営の優先順位
新聞

今年の秋はニュース速報から目が離せません 「今年も」と言うべきか、「今年は」と言うべきか 秋の時期はニュースから目が離せないことに なることが多いのです。 特に経済の動きが激しくなることがあり 秋に「きっかけ」となる出来事が発生する とも言われています。 2008年のリーマンショックは 2008年9月15日にリーマン・ブラザーズ ホールディングスが経営破綻したのが 発端になりました。 日本のバブルも1989年の12月に最高値の

ページの先頭へ