「将来予測」の記事一覧(2 / 5ページ目)

純資産プラスマイナスゼロ

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
国の財務書類

企業経営はバランスシートで見ている 当たり前のことですが企業経営は バランスシート(B/S)であらわされます。 資産と負債を左右で表現し企業経営の状況を 示しているのです。 バランスシート(B/S)には経営者の個性が 出ており、どのような経営をしているのかが わかります。 経営方針がわかると言われているのです。

関係人口を増やす

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
関係人口

関係人口とは 地方の過疎化を防ぎ活性化をもたらすために 移住者を増やす動きがあります。 人口を増やすという目的で定住希望の方に 来てもらう取り組みです。 各地方では、住む場所を安価で提供したり しています。 ただすべてが上手くいっているわけではなく 特定のブランドになったエリアだけが

航空会社が瞬間移動を開発中

ビジネスモデル 将来への投資 将来予測
スピード

航空会社の将来不安 航空会社会社には将来不安があります。 それは人が移動しなくなる不安です。 言い換えると ・移動しなくてもいい世界になってしまうこと の不安です。 最近の20代男性は休みの日に外に出る率が 減少しています。 娯楽が家の中で完結してしまうからです。 家の中で満足できる環境ができつつある ということです。

単身世帯の割合が増加

将来予測 統計データを定点観測
単身

単身世帯数が増加している 単身世帯数は人口減とは反比例して 増え続けています。 ニュース等の論調では ・結婚しなくなった という内容のものもありますが実際には ・高齢者の単身世帯増加 も大きな要因のひとつです。 今まで、モデルのなる世帯像というのは

今年の秋は目が離せません

ニュースから企業経営のヒント 将来予測 経営の優先順位
新聞

今年の秋はニュース速報から目が離せません 「今年も」と言うべきか、「今年は」と言うべきか 秋の時期はニュースから目が離せないことに なることが多いのです。 特に経済の動きが激しくなることがあり 秋に「きっかけ」となる出来事が発生する とも言われています。 2008年のリーマンショックは 2008年9月15日にリーマン・ブラザーズ ホールディングスが経営破綻したのが 発端になりました。 日本のバブルも1989年の12月に最高値の

台風時の移動

将来予測
電光掲示板

予測能力が問われる 今年は台風が多いです。 仕事での移動には苦労されている 人も多いのではないでしょうか。 通勤だけでなく出張の移動も 何を選択するかで大きく変わって しまいます。 台風時に各交通機関で判断が 分かれます。 その基準がわかれば予測が可能です。

個人でも世界を相手に販売できるようになった

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル 将来予測
宅配 通販

Amazonが米国に次いで日本で開始 Amazonが米国に次いで日本で新サービスを 開始します。 ゆくゆくは日本でも展開されるだろうと 予測されていたサービスです。 注目度は高いサービスが早めにリリース されることになります。 そのサービスとは ・輸出代行 です。 Amazonの倉庫に商品を預ければ

他社にやられるぐらいなら何でも取り入れる

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル 将来予測 経営戦略
タクシー

タクシー会社が自動運転のタクシー導入 この決断、どう思われますか。 タクシー会社が自動運転のサービスを 導入しました。 まだ運行実験段階ですが初の取り組みに なるのです。 この時期に、この決断をされた経営者の 考えを紐解いてみると経営の判断が 見えてきます。 いわゆる競合との

ヒューマノイドヘッド

将来予測 最先端情報に触れる

ニューマノイドとは ヒューマノイドとは、 ・人間もどき という意味の言葉です。 ヒューマノイドロボットといえば ・人型ロボット を指しています。 単にヒューマノイドだけでも人の姿をした ロボットを指している場合もあります。 ヒューマノイドは人の形をしているので 人に似せていくのがプロセスです。 しかし、ちょっと似てくると

競争相手と手を組む

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル マーケティングのヒント 将来予測
+メッセージ

競争相手と手を組む事例が増えている 長年、定点観測していると ・ゆっくりした動き を感じる時があります。 最近では、競争相手だった同業と 手を組む事例が目に付き始めました。 背景として、 新たな競合が異業種から参入してきて 苦慮している状況があります。 そのため、かつての競合と手を組み

建築の手法は幅広い

ニュースから企業経営のヒント 将来予測
street

建築は幅広い このブログで何度も建築のことを 取り上げています。 建築の仕事に携わっていたのも ありますが、建築の工法は幅広いので 興味を持って見ています。 また新しい工法が生み出されるので 定点観測している業界のひとつです。 住宅の建築数は景気にも影響を与えるので

ページの先頭へ