「第4章経営計画」の記事一覧

社長の判断、既存道路を進むか新設するのか

第4章経営計画 経営の優先順位

長期休暇は経営者にとって平常時では時間の取れないことに 着手できる機会です。 そろそろ経営計画を見直すというより、いじり倒す時期に来たと 実感しています。 いじり倒すとは、経営計画のパターンを経営者自身の中にシミュ レーションしておくことです。 というのも、これから数年はどのような局面がやってくるのか わかりません。 そのため、急に経営のギヤチェンジが必要になるときがやって くると想像しています。 こんな想像は、はずれたほうがいいのですが、想定外でやってきた 時には対処が求められてしまいます。 だったら、今のうちにギヤチェンジできるようにパターンを 増やしておくこと。 しかも、環境が芳しくない状況でも会社が伸びる部分をつくって おくことは経営者の役割。 環境がわるくなると下がるだけ、というのはもったいないと 考えています。 環境がわるくなったらチャンスも生まれる、という考えで 進めていきたいのです。 こうしたことは、忙しくしている時にはゆっくり考えられないので 時間に余裕がある時に熟考すべきと思います。

ページの先頭へ