社長の右腕という存在

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第1章組織 | 月曜日 3 1月 2011 9:39 AM

会社をはじめるのときは社長1人だが、

成長させるには右腕の存在が必要になります。

もしくは、時代が転換期のとき会社が大きく

変化しなければならない時ほど社長の右腕の

存在が必要不可欠なのです。

企業の歴史を振り返れば、いかに社長の右腕の

存在が重要かわかります。

しかも、経営者の感覚を持った右腕です。

社員レベルではモノ足りません。優秀な社員レベル

でもないのです。