fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

経営の壁を超えるfjコンサルタンツとは

経営の壁を超える

経営の壁を超える

fjコンサルタンツ藤原毅芳

経営には壁があると言われているのはご存知でしょうか
年間売上の壁です

経営の壁を超える


具体的には
3億円
10億円
30億円
60億円

の壁が存在しています


この経営の壁に突き当たったときがあります
どうしても経営の壁の前で足踏みするのです

売上高が壁の直前で足踏みしてしまう。何年も
どうしてだろうか?


あるとき突破口があることに気がつきました
経営の壁と相関関係がある数値を発見したのです

経営の壁は明快に説明できたのです

次の「ダンバー数Dunbar’s number)」から
紐解くことができるのです

ダンバー数
(画像クリック拡大)

1993年、イギリスの人類学者ロビン・ダンバー(Robin Ian MacDonald Dunbar)が
霊長類の脳の大きさと、群れの大きさとの間に相関関係を見出した。
そこから算出した、人間が安定的に関係を維持できる人数の上限がダンバー数である
第0階層……3~5人(危険なときに駆けつけてくれる、お金の相談ができる、助けを乞う、秘密を打ち明けられるとても親密な友達の数) 
第1階層……12~15人(月に1回程度会うような親密な友達の数。「シンパシーグループ」と呼ばれる)
第2階層……45~50人(距離のある友達の数)
第3階層……150人(友達の限界であるダンバー数)

要するに『経営の壁』は『ダンバー数の壁』でもあるのです
関係性を維持できる限界値】と【年間売上高】は関係しているからです

相関関係は次のようになります