コードオブコンダクトについて

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ビジネスキーワード,事業承継者のための生き残り組織運営 | 日曜日 11 8月 2013 9:52 AM

 電話

コードオブコンダクトとは

大手の会社は、それぞれ

「コードオブコンダクト」Code of Conduct

を制定しています。

 

行動規範と呼ばれるものです。

・社内においての行動規範

・社外に対する行動規範

など細かく基準を定めています。

 

社内相談窓口の設定

また、こうしたコードオブコンダクトの

違反について、社内相談窓口を設置して

いるのが普通です。

 

大企業事例

ユニクロを事例にすると相談内容については

「上司とのコミュニケーションの問題」38%

「業務・キャリアなどの相談」25%

「契約違反に関する相談」11%

となっています。

 

大企業以外では設置が少ない

大企業以外では、こうした取り組みや窓口が

設置されていることがあまりありません。

 

しかし、30人以上の企業では、数は少ないですが

ほとんどの問題が発生していると予測されます。

 

大きな問題にならない内に、行動規範の制定、

窓口の設置をすべきだと感じています。

 

設置することによって経営におけるリスク

ヘッジとなるのです。

 

コードオブコンダクト事例

コードオブコンダクトを制定している企業事例を

下記にあげておきます。

 

内容を知るには参考になると思います。

 

・田辺三菱製薬グループ

https://www.mt-pharma.co.jp/company/pdf/1109_tanabemitsubishi_JPN.pdf

・ファーストリテイリング

http://www.fastretailing.com/jp/about/compliance/

・富士通グループ
1 / 11