fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

「マーケティング」の記事一覧

滑走路

次の利益の源泉を求めてユーザーインへ

ビジネスにはマーケティングの視点が欠かせない。 ただ日本の企業はマーケティングを軽く見ている、と言われている。 というのも上場会社をはじめ大手企業でもマーケティングがわかる 役員クラスが少ない。 CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)の数が少ないと 言われています。 どう表現すればいいのでしょうか。 マーケティングは机上の理論だけで意見を言っているように 見えてしまうのかもしれません。 営業の現場を経験した人のほうが評価される会社があると 聞いています。 そこには壁がまだあるのでしょう。 もう20年以上も前の話ですが
ブックオフ大株主状況201903

新規参入で今後は中古販売市場が激化するのか

マーケティングは常にアップデートされる。 更新されていく。 現在の成功パターンもすでに過去かもしれない。 そうマーケッターも多い。 ヒトの気持ち、感じ方、決断、決定はあるときを堺に 急にかわることがあるからだ。 世の中で大きなできごとが発生したら一瞬で変わると 言っても言い過ぎではない。 では、現在はどのような変化が進んでいるのだろうか。 インパクトのあることはまだ発生していないがゆるやかに 変化しているポイントを探っていきたい。

顧客中心のマーケティングと簡単に言いますが奥は深い

経営は人中心で組織をつくりますが、マーケティングも人間中心で 考えるようになってきました。 最初に結論です、人間中心でマーケティングを構築すれば間違いない ということ。 それ以外は失敗確率が上がってしまう。 この2点を押さえておけばマーケの結果は安定します。 ボーリングでたとえるならば「センターピン」が「人間中心」。 センターピンを外してしまうとストライクは取れない。 オールクリアしないので課題解決することはない。 そうなるのです。 では具体的に人間中心とは何なのか? 今回は、人間中心のマーケティングを詳細に考えてみたいと思います。