35年かけてロングセラー

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 16 4月 2016 8:02 AM

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

 35年間売れ続けた書籍が、100万部を突破。

「ベストセラーよりロングセラー」

という考え方があります。

一過性のものではなく、ある一定の顧客層に

売れ続けることにより、商品そのものの価値を

拡大化させるわけです。

この書籍は大学生向け。

毎年、新入生という新規顧客層がうまれるため

一定の割合で売れていくのでしょう。

ビジネスを構築するときに、このロングセラーの

視点ははずせません。

継続性がないビジネスは、ビジネスモデルそのものが

疲弊しやすい。

だからこそ、こうしたロングセラーとなる

継続性商品をつくる必要があるのです。

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p