経済産業省ビジログがスタート

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント,事業承継者のための生き残り組織運営 | 水曜日 22 8月 2018 8:43 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3528投稿目】

ビジログ

研修が無料

経済産業省が人材育成プログラムを

公開しました。

 

ビジログ

https://busilog.go.jp/

というサイトになります。

 

利用は無料。

個人でも学べます。

 

ビジネスをする人が成長する上で

必要な知識が学ぶことができる場所に

なります。

 

 

研修費用は投資

研修は新人研修にはじまり、各企業で

行われています。

 

自主的に社内で行う研修もあれば

外部へ出向いたり、外部から講師を

呼んだりしながら行う研修もあります。

 

主に大企業が研修に多額の費用を

投資していますが、大企業以外は

十分に行われてはいません。

 

教育は個人に委ねられているのが

現状です。

 

個人ごとに自己投資するしかない

状態なのです。

 

本当は企業にとって人財育成は

・投資

です。

 

そのため費用をかける価値がある

ものなのです。

 

しかし、研修は即効性があるもの

ではありません。

 

結果が出るまでにある程度の時間を

要するものなのです。

 

時間がかかる内容のものは、企業の

投資としては優先順位が下がって

きます。

 

研修を定期的に行うことが実行されない

理由にはこうした背景があるのです。

 

勉強する環境づくり

企業にとって人材を人財にかえるために

成長の場を用意する必要があります。

 

成長の場というのは、

・勉強する環境づくり

です。

 

勉強といっても受験勉強ではありません。

モノゴトを追求していくこと、その

追求を調べることができる環境が

あることです。

 

研修は単発で終わることが多いので

こうした継続的な学ぶ取組み、姿勢が

求められるのです。

 

経済産業省が公開したビジログは

無料です。

 

この機会に使わない手はありません。

ビジログで勉強した内容を社内で

評価してもいいのではないでしょうか。

 

常々コンサルティングの現場では

伝えているのですが、仕事も深く

知れば知るほどおもしろいもの

なのです。

 

仕事がつまらないと言っている人ほど

学ぶことで新しい世界が見えてきます。

それを知らずして年月を重ねるのは

あまりにももったいない、と感じます。

 

経営は人がすべて

経営をしていて人財がすべてだと

感じることが最近多くなりました。

 

人手不足ということもありますし

流動性が増していることも時代背景と

してあるからです。

 

仕事ができる人を採用するか、育てるのか

という選択肢がありますが、時間が取れる

のであれば育てる方を選択すべきと

考えています。

 

もともと学生時代に教育を専攻していたので

こうした研修に関連する人の成長には関心が

高いです。

 

人が大きく成長するのを見て嬉しさを感じます。

学びの場を提供できることをこれからも

進めていきたいと思います。