組織化への一歩

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 火曜日 15 11月 2016 8:01 AM

組織を目標に向かって動かすことの

できるリーダーが少ないのは

そこに壁があるから。

だいたい失敗するリーダーのパターンは

同じようなところに落ち着く。

リーダーとなり権限を持ったから

・命令

することによって動かそうとする。

実際には動いたかのように見えるが

納得して動いている人がいないので

結果は出ない。

性格のわるいリーダーになると

恐怖を使うことも。

理由なく決済しない、ということは

よく聞く話。

出張をお願いしても許可が出ない、

ということも何度聞いたことか。

そこまでしないと組織が動かない

というのはリーダーの力量がない、と

判断してもおかしくない。

では、何が足りないのか?

ひとつには、

・権限と移譲

のラインが不明確。

ある時には、許されて、

次の時には反対される。

そんなことをしているリーダーのもとでは

スタッフの方が優秀であることが多い。

現場での判断を勝手にやりはじめる。

しかも黙って。

リーダーの言ったことと別のことを

実践し始めるわけだ。

これは日本の組織の特徴。

これで結果が出ればOKだが、そうとも

限らない。

組織化の第一歩は権限を一覧表にすべき。

明確にするとは、文章化することから

なのです。

最近もそのような相談が続きました。

ある意味、組織が成長する前の現象とも

いえますね。

 

 

 

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】