規制ありきではなくイノベーションありきで

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 22 9月 2014 7:41 AM

Innovation without permission 」

という言い方があります。

規制することより、イノベーションを優先せよ、

という意味。

新しいビジネスが出てきた時の環境が

・規制ありき

なのか

・新しいビジネス

ありきなのか、によってその後の発展が大きく

違うことを指しています。

新しいビジネスは、既存ビジネスの脅威なので

既存ビジネスを守るための【規制】がかかります。

そのため、顧客に支持されるビジネスもこの規制に

よって成長を拒まれることがあるのです。

日本には、それが多いと言われています。

米国はどちらかといえば、イノベーション優先。

そのため、比較されやすい事項ですね。

社内においても同じことだと書きながら感じました。

社内の新しい取り組み(イノベーション)は、とかく

ベテラン社員の【規制】によって拒まれる、ということです。

「前例がないから」

「意味がないから」

「儲からないから」

といった規制を初期段階でかけてしまうのです。

意識的に取り払う必要がありますね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】 https://www.businesscreation.jp/balance/ 【経営の優先順位とは↓】 【公式サイト】 http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/