視察でわかることが多すぎる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 25 10月 2014 8:17 AM

 仕事は視野の広さが結果に大きく左右します。

同業にかぎらず成長している企業や強い企業を

視察することは大きな意味があります。

今月は視察が多い月になりました。

あらためて、現場を見てわかることが多すぎる、

と実感しています。

聞いていたこと、ニュースで見たこと、Webで

知っていることも2次情報まで。

やはり実際の目で見る1次情報にはかないません。

どんなに遠くても、見に行く価値はやはりあるのです。

その点をわかっている経営者は強いですね。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/