人がモノを購入する時の 【支払い許容額】 は変化し続けます。 ビジネスをする側から見れば、支払い 許容額が上がることを目指していますが 中には思いっきり支払い許容額が下がって いる商品サービスもあります。