顧客を育てるための満たすマーケティング

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第3章営業と販促 | 火曜日 10 1月 2012 8:47 AM

 

商品、サービスを提供している会社に

とって、顧客に購入を決定していただくことが

ひとつのヤマ場。

 

それまでには、プロセスがありますが、

ひとつ、【満たす】ことを提案します。

 

人が行動や決定をするときには

理解、欲求、納得度、緊急度、などが

ある一定以上になっていると仮定できます。

 

それを、コップに例えます。

 

[________]

[_______]

[______]

[_____]

 

この顧客のコップに何を満たすのかが

顧客を育てることになるのです。

 

満たし方は、

接客、営業

にとどまらず、

Web、メール、SNS、カタログ、チラシ

などのツールも使います。

 

ここで注意したいのが、

【顧客のペース】

です。

 

顧客は、商品サービスの検討意欲について

【波がある】

のです。

 

すごく欲しくなったり

また、冷めたり

する上下があるのです。

 

コップを満たしていく時は、

【顧客のペース】

が主導であるので、

【意欲の波】と【検討のペース】

を押さえながらマーケティングを

組んでいく必要があるのですね。

 


【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/