計画の段階では自由度が高い

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 木曜日 13 1月 2011 12:13 PM

経営計画はあくまでも将来予想の形。

こうなりたい

こうあるべきだ

という理想の姿になっているはずです。

もちろん予測の部分も多いのが当然。

選択の自由度が高いのです。

「何でもあり」の世界です。

何を選んでもいい。

「打つ手は無限」、「やり方は100万通りある」

という有名な言葉がありますが、自由度高く

組み立てることなのです。