経営者自身の中に柱をすえる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第4章経営計画 | 金曜日 12 8月 2011 8:15 AM

 

昨日は【あきらかに流れが変わった】という

時代の変化をまとめてみました。

https://www.businesscreation.jp​/?p=8270

 

それに順応して、経営者自身も変化しなければ

いけない時代だと認識しています。

 

では変化するうえで、どこを原点に考えないと

いけないのか?

 

 

それは、

【会社の存在意義】

まで戻ることです。

 

日頃からよく言っているのですが

会社の存続は【顧客が決めて】います。

 

ようするに、顧客から

【選ばれるか】または、【選ばれないのか】

のどちらかだけ、なのです。

 

そのために、

「うちの会社には、選ばれる理由があるのか?」

ということが問われています。

 

選ばれる理由とは、ひと言で言うと

【差別化】

です。

 

「他の会社には、できないサービス」

であり

「他社には、つくることができない商品」

であり

「まだ、だれも取り組んでいないこと」

でもあるわけです。

 

 他では、成し遂げることができない

【利益】

【メリット】

【結果】

を顧客側に提供できるのか、が

リアルに問われてしまっています。

 

 なんとなく、売れてしまっていたもの

根拠がなく流行っていたものが、これからは

売れなく(選ばれなく)なるでしょう。

 

実際、反応が下がり、売上減少しているのは事実です。

 

今年の夏は、経営者の方々は、この壁を

越えるべく、自問自答を繰り返すことに

なるのではないでしょうか。

 

 壁を乗り越え、<晴れやかな気持ち>と

<揺るぎない自信>を持って、さらなる

時代へ進みたいものです。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/