スピードを上げる部分を見極める

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第5章実行 | 日曜日 6 11月 2011 1:59 PM

 

ビジネスは

【サイクル】

より短期間にまわせるか、

にかかっています。

 

たとえば、販促。

企画→準備制作→実行→結果

のサイクルを3ヶ月かかる会社もあれば

半年かかる会社もあるわけです。

 

メーカーであれば、

商品開発→試作→販売

のサイクルも同様。

半年から1年かかって発売までかかる会社もあれば

その半分で販売までたどり着く会社も。

 

 

他社と同等レベルの商品サービスを提供するので

あれば、この【サイクル】は【短い】方が

売上げが高くなります。

 

では、何を短くするのか?

それは、作業ではなく、【決断までの期間】なのです。

 

組織は、【決定する人数】が多くなればなるほど

【決断までの時間】が長くなります。

 

これが、今の世の中では弊害になっています。

大企業ほど、乗り遅れることが多発しているのです。

 

パソコン業界が台湾メーカーに、

携帯業界が韓国メーカーに遅れをとっているのも

原因は【決断までの期間】なのです。

 

決断の原則の中には、成功する確率が

【5割】

を越えるならば、「GO」サインを出す

というのがあります。 

 

5割を越えてからは、勝率の差はさほど変化しない、

という解釈です。

この原則で、スピードを上げ、

【サイクル】をまわす

ことが企業にとって、カギとなるのです。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/