時間が経つほどルーズさは大きくなる

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第6章進捗会議 | 火曜日 13 12月 2011 8:00 AM

 

最近、似たような事例が重なったので

まとめておきます。

 

相手(顧客)に対して、ルーズさを許可すると

そのルーズさは時間とともにエスカレートして

しまう、という事実についてです。

 

 

たとえば、

営業さんが顧客のためにと思って

【値引き】

を安易にしたとします。

すると、次も【値引きできる】と顧客は

思い込むわけです。

その【値引き幅】は時間とともにエスカレート

大きくなってしまうのです。

 

支払いについても同様。

いったん支払い(入金)が遅れることを

認めてしまうと、これも時間とともに

どんどん支払いは遅れるか、金額が

増えてしまうのです。

 

また、顧客に対して、【サービス】部分

増やしてしまうと、最初は「ありがとう」と

感謝されますが、そのうち、そのサービス部分が

当たり前になってしまう。

顧客から、【今回はないの?】と当初サービスだった

ものを催促され当たり前のものになってしまったり。

 

景気後退時期には、このようなことが

起こりやすいので、基準をつくって

【これ以上は、できません】

と言えるようにしておくことが大事です。

歯止めをかけておかなければ、社内にも

ルーズさは蔓延してしまいますから。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/
【ご質問は、こちらから↓】