人は出力制限をかけている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 第7章自立型経営 | 月曜日 3 10月 2011 10:37 AM

 

最近、経営者の方と挨拶することが

増えましたが、【やはり】と感じている

ことがあります。

 

それは、

【リミッターがはずれている】

ということ。

 

リミッターとは、

〈運動や出力に制限をかけること〉

です。

自動車には、スピードリミッターが付いている場合,

リミッター以上のスピードは出すことができません。

 

それと同じように、

通常、人にはリミッターが存在しているものです。

 

 

経営者の方には、リミッターが見事に

はずれている人が多い。

 

ある意味、どこかの部分で

【限界を超えてしまっている】

わけです。

 

エピソードを聞けばわかりますが、

◆苦労

◆多忙

◆借金

◆病気

などの大きな壁を超えたときに

リミッターがはずれてしまったようです。

 

「もうこれ以上できない」

と感じていたことが、外的圧力や

環境によって、

【やるしかない】

状況に追い込まれ、結果としてクリアして

しまったと思えます。

 

 一度、どこかの部分でリミッターが

はずれた人は、その後、どんな場面でも

リミッターをはずすことができています。

 

名経営者が

「苦労しろ」

と言っているのも、失敗を推奨しているわけ

でもなく、

【リミッターをはずせ】

と言っているわけです。

 

成長には、右肩上がりが続くわけでもなく、

踊り場が来ます。

そのとき、【リミッターをはずす】という

視点で考えていきたいところです。 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/