ディスラプションとは

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 5 1月 2018 7:38 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3299投稿目】

ディスラプション( disruption )という

単語があります。

 

「創造的破壊」「創造に向けた破壊・革新」

という意味の単語です。

 

ビジネスでは

ディスラプションの時代

という使われ方をします。

 

破壊というと、ただ壊す、解体する

というイメージですが、創造に向けた

破壊なので

・既成概念を崩す

・既存体制を崩す

といったニュアンスの方がわかりやすいと

思います。

 

ビジネスにおいては、創造に向けた

変化は日常のことです。

同じでいいはずはありません。

 

改めて、ディスラプションという単語に

表されるような「創造的な破壊・革新」が

経営の中に優先されているかを年初に

確認したいところです。

 

破壊・革新を実践しようとすればするほど

時間も長く感じるものです。

それは単純なルーティーン作業ではなく

新しいことを作り上げようとするからです。

 

新しい課題、新しい発見が見つかる度に

驚きがあり、悩みが発生するからです。

 

今年も時間軸が長く感じるような年に

していきましょう。

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11