地域未来牽引企業

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 15 1月 2018 8:58 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3309投稿目】

経済産業省が選定した

「地域未来牽引企業」

が発表されました。

 

選定された企業は

「地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、

地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれ

るとともに、地域経済のバリューチェーンの中心

的な担い手、および担い手候補である企業」

となっています。

 

選定された企業2,148社の一覧表が下記に

掲載されています。

http://www.meti.go.jp/policy/sme_chiiki/chiiki_kenin_kigyou/chiikimirai_all.pdf

 

時間があれば全部の企業を見ておきたい

ところですが、大枠でどのような業界が

多いのかはわかります。

 

どのエリアでも歴史のある業界であっても

地域を牽引している企業があることが

理解できます。

 

必要とされる仕事はなくなるわけでも

ないですし、市場が減少するわけでも

ないのです。

 

その中でシェアを確保している企業は

やはり根強い力を持っており、さらに

将来にわたって見通すだけの余力を

保有していることが見えてきます。

 

最先端も大切ですが、こうした企業群も

重要だと感じます。

 

残るべき企業とはこうした企業群の

ことを指していると感じています。