遠隔でも可能に

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 17 2月 2018 8:25 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3342投稿目】

建設機械の遠隔操作実証実験が

はじまっています。

 

操作が遅滞なく可能になるため

上記動画を見る限りスムーズに

操作をしているようです。

 

通常、建設機械に搭乗操作する場合と比較すると

遠隔操作は作業効率が50%程度まで落ちると

言われています。

 

それが、5Gだと遠隔操作の作業効率が

15%〜20%ぐらい改善するとのこと。

(4Gから5Gになると通信速度は100倍、

遅延は1ミリ秒以下になると言われている)

 

この遠隔操作の精度が上がり、実際に

使われるようになると世界は変わります。

 

距離を超越して操作が可能になるのであれば

操作をする人が物理的移動をしなくても

よくなるのです。

 

地方の仕事が増える可能性もあります。

操作レベルの高い人の仕事が爆発することも

起こるでしょう。

 

国を超越して操作することも可能になるかも

しれません。

 

経営において物理的距離を優先させなくても

ビジネスを組み立てられる時が来るということです。

 

 

 

【出典】

KDDI・大林組・NEC、5Gと4K3Dモニターを活用した建設機械の遠隔施工

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11