ライトと会話する

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 10 3月 2018 7:53 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3363投稿目】

デジタルライトと呼ばれる自動車の

ヘッドライト機能が実装されました。

 

周囲の路面状況をヘッドライトで

表してくれる機能です。

 

たとえば

「外気温が5度以下」

になると

というように路面に表示されるのです。

 

「道路工事現場」

があれば

といったように、人の眼で確認できない

部分をセンサーがキャッチしライトで

伝えてくれるのです。

 

いわゆるライトと会話しているような

感覚です。

 

このアイデアは以前からあったようですが

実際の自動車に搭載されるのは初めて。

 

テクノロジーは人間の能力拡張を目的と

して進化しています。

 

暗闇では人の察知能力は限界があり

こうしたテクノロジーが補足してくれるのは

非常にありがたい。

 

今後、自動運転を視野にいれて、こうした

技術、テクノロジーが少しずつ実装されて

いくことでしょう。

 

【出典】

http://media.daimler.com/marsMediaSite/en/instance/ko.xhtml?oid=33898368&relId=1001&resultInfoTypeId=172#toRelation

 

 

 
1 / 11