人の補助はどこまで可能か

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 22 4月 2018 7:17 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3406投稿目】

シンガポールの大学で実験されている

映像です。

 

2本のロボットアーム(デンソー製)を

使い、イケアの家具(椅子)を組立てて

います。

 

時間にして9分。

動画を見る限り器用にこなしています。

 

今後は、人工知能(AI)を活用して

さらに上を目指していくようです。

 

家具の組立ても可能となれば、今後は

家庭の中で人の補助をロボットが行うことも

視野に入ってきます。

 

こうした研究が進み、より快適な生活へと

進むことを願うばかりです。

 

【参考】

http://www.ntu.edu.sg/Pages/home.aspx

http://media.ntu.edu.sg/NewsReleases/Pages/newsdetail.aspx?news=e01a93bc-0ca2-4d6e-bc94-06c7ab903c3e

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

http://amzn.asia/3GrDW4Z

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 
LINEで送る

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

CAPTCHA