調子がいいから事業撤退

【fjコンサルタンツ365日Blog:3450投稿目】

上場企業は2年連続で全体の純利益を更新

しています。

 

約2割が最高益を叩き出しています。

 

そんな中で、事業撤退も加速させているのです。

事業撤退数が過去最多ペースで進んでいます。

 

たとえば

・東芝のパソコン事業をシャープへ売却

・シダックスがカラオケ撤退(売却)

・カシオがコンパクトデジカメ撤退

・富士通が携帯電話事業売却

などと連日新聞に掲載されています。

 

どうして事業撤退を加速しているのでしょうか。

 

これは、戦略の内容が

・強い事業に集中させる

・赤字事業からの撤退

という柱になっているからです。

 

会社の業績が良い時は

・撤退費用

も出すことが可能です。

 

また大きなプラスとマイナスが

同時なので社内の雰囲気も最悪な

状態にはならないのです。

 

会社の調子がいい時に一気に

膿を出し切る企業もかなり

あるのではないでしょうか。

 

大きな外科手術をするにも

大義名分が必要なのです。

 

今が、その時期だと判断しているのです。

 

ということは、中小企業でも

同じことが可能です。

 

景気が良い、業績が上昇している時に

事業の再構築、組織の再構築

できるということです。

 

ひと息ついていると、再構築のタイミングを

逃してしまいます。

 

今が大事な時期だと認識すべきなのです。

 

 

【出典】

上場企業 2年連続で純利益最高

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2679148010022018EA5000/

 

上場企業 事業撤退、縮小が過去最多

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31327950U8A600C1920M00/

 

 

 

1 / 11