「2011年2月」の記事一覧

先入観で決めつけない

第2章事業創造

あまり力を入れてなかった商品。 売れないと思って、あまり提案していなかった。 そんな、商品を顧客が教えてくれた。 「これ、ほしがる人いますよ。だって・・・」 なるほど。 勝手に決めつけていた。 決めるのは、顧客。 値段が […]

松竹梅の原則とは

第2章事業創造 第3章営業と販促

松竹梅の原則 商品の構成、価格決めのときや、 同じ種類の商品を販売するとき、 3パターンで見せると効果的。 顧客が選びやすくなります。 【1−3−5】、【3−5−8】の 法則を覚えておくといいでしょう。 3パターンだと顧 […]

売れないものはゴミ

第2章事業創造

モノの価値について。 商品に価値があるか、ないか。 答えは、 ある場合もあるし、 無い場合もあります。 結論としては、 買う金額が価値ではない ということ。 売れる金額が価値。 買う人がいる金額が価値 になるわけです。 […]

本を読む前にやることがある

将来への投資

「ビジネス書はどんな本を読めばいいですか」 と聞かれることがあります。 「読む前にやっておくことがあります」 と答えるようにしています。 それは、 本棚設置と 大量に買うこと です。 本を読む習慣より先に 本を購入する習 […]

ビジネスに透明性を加えると

第4章経営計画

透明性とは、 ・正当性 ・ウソがない ・真実 ・本心 という内容になります。 これは、ビジネスでは当たり前のこと。 それがネット社会では不透明性の ままでした。 しかし、ここにきてネット社会も 透明性が問われる時代に。 […]

関係性と結果は別物として考える

第6章進捗会議

「顧客との関係性を築けています」 「仲がいいです」 と報告を受けることがあります。 それは、それでとてもいいこと。 仲がいい、相性がいいことで スムーズに仕事が進みます。 しかし、仕事には、結果が求め られます。 顧客側 […]

予想外のことが起こったときの対処法

第5章実行

書いた文章が消えたり、作った資料が クラッシュして使えなかったりすることが、 デジタルの世界ではよくあります。 そんなときに、どう思うのか? 「また、やりなおせばいい。二回やれば 記憶できる。身に付く。」 と思っています […]

読書の方法(1)本の連鎖

将来への投資

読書の方法 読書の方法に正解はないと 思っています。 方法として、あえてあげるなら (1)多読 (2)精読 (3)繰り返し読み の三種類。 8:1:1 の割合。 多読することによって、本を 選択し、その中の1割程度の本を […]

教えるのが下手なので

第4章経営計画

社員教育の相談がよく来ます。 永遠の課題ですね。 ただ、ある一線を越えてしまえば 育てること、組織統率、組織運営が 可能になります。 メールで相談が来た内容を転記します。 「マイナス部分を朝礼でも発言する ことがあります […]

ページの先頭へ