「2012年11月」の記事一覧

内部統制について

経営の優先順位

  内部統制は大企業では当たり前の世界です。 では、大企業以外では、必要なのでしょうか。 結論から言えば、必要です。 経営は数字ですべて置き換えることが可能です。 業績も数字で判断されます。 その数字をつくるには、内部統 […]

副とつく中間管理職は動かない

経営の優先順位

  役職には、副とつくものがあります。 副役職と呼ばれています。 その中で、中間管理職に位置する場合、 下記のような役職名になっているはずです。 課長補佐 部長代理 次長 副部長 副所長・副支店長 上記の役職者の方が活躍 […]

暇を持て余したくない現代人

経営の優先順位

  時間は大切、 という概念が肥大しています。 暇を持て余すことに対して 「大きな罪悪感」 を感じているのではないでしょうか。 そのため無駄に浪費したくない時間を いかに「何かをしている状態」にすべきか、に 悩んでいるか […]

お客様が支払ってもいいと思う金額

経営の優先順位

  お客様が支払ってもいいと感じる金額があります。 【得られる利益の大きさ】 【限定的、唯一の価値】 で判断されます。他にも、特徴として、 お客様の選択肢が多いほど、支払ってもいい金額は 【低下する傾向にある】 ことは、 […]

仕事って経済行為なんです

経営の優先順位

  仕事って何? 会社って何? と疑問を投げかけられることがあります。  難しく説明すれば、いろんな解説が出てきます。 簡単に言えば 「仕事は、経済行為」 と言えるのではないでしょうか。 それが、一番優先されるわけです。 […]

この商品いくつ売るの?

経営の優先順位

  先日の営業ミーティング。 新商品が出るので販促を打ち合せ中。 そこで 「目標は、いくつにしますか?」 と。 30? 300? 3000? 議論は低調な感じで、積極的な人は だれも出てきません。 それはそうですよね。 […]

人の可能性を見い出せる番組

経営の優先順位

  英国のドキュメンタリー番組のひとつを 取り上げます。 活気を失い、評判の地域がありました。 そこに1人の合唱団指揮者が乗り込み コミュニティ合唱団を結成するのです。 最初は、誰も見向きもしません。  それは、そうでし […]

社内の対立意見に対して

経営の優先順位

  リーダーの仕事は 「反発を恐れず方向性を示すこと」 しかし 社内の対立意見 批判意見 に対してひるんでしまうことが多い。 対立意見を並べ、その中間をとって 【折衷案】 で落ち着かせることをしてしまう。 これ、よくあり […]

他社分析から見えてくる世界

経営の優先順位

  公開されていない企業をリサーチするには どうしたらいいのでしょうか。 特に、法人対法人でビジネスを進めている 業界程、わかりにくいものです。 注意深く情報収集したい部分としては、 対象となる会社の 顧客と顧客シェア […]

自分で判断する大切さ

経営の優先順位

   自己責任について昨日は、書きました。 では、自己責任とは具体的に何をすること なのでしょうか? ひと言で言えば 「自分で判断する」 ことです。 責任感の薄い人ほど ・人に判断を委ね ・思考を止める クセがあります。 […]

ページの先頭へ