「2013年12月」の記事一覧

組織の疲労コントロール

経営の優先順位

  仕事は短期戦ではなく、長期戦です。 組織に疲労度が蓄積すると結局のところ 大きな成果を上げ続けることはできません。 適度な【疲労コントロール】が求められるのです。 疲労をやわらげるための休暇は仕事と見なしても 良いの […]

肥満増加の要因は?

経営の優先順位

  肥満増加が問題になっている国々があります。 その要因はなんでしょうか? ひとつの説では、 【食糧価格が低下】 したため、と言われています。 なるほど。 安く、高カロリーの食料が簡単に 手に入ることができる環境があって […]

傘のマーケットとは

経営の優先順位

  傘のマーケットは知っているようで 知らない世界です。 身近すぎて大きさがわかりませんね。 年間1億本以上消費されているようです。 人口と同じくらいですね。 価格も1本100円から数万円までそれぞれ 揃っています。 折 […]

PDCAからSee Think Plan Doへ

経営の優先順位

  PDCAは仕事の基本です。 しかし、現在は状況把握をきっちりしておかないと プランを練ることができません。 そのため、 【See Think Plan Do】 だと言われるようになっています。 観察して 考え プラン […]

多機能から単機能へ

経営の優先順位

  最近売れている家電が 「ノンフライヤー」 という油なしで食材を揚げられる家電。 他にもデザート製造器も売れているようです。 これらの家電は 【単機能家電】 と呼ばれています。主に海外メーカーが 出していることが多いで […]

リーダーを育む7:2:1の法則

経営の優先順位

  スケールの大きなリーダーが研修だけで育つことはない、 と言われています。 リーダーシップ育成で知られる米調査教育会社ロミンガーの調査では、 リーダーを育む要素は、 経験が7割 薫陶が2割 研修は1割 だということです […]

調剤薬局がバブルか

経営の優先順位

  雑誌記事にあった【調剤バブル】という言葉。 3年前から感じていたことです。 処方箋薬のマーケットは10兆円!。 大手は調剤薬局をどんどん増やし 10年で売上4倍!にまでなっています。 以前、大手の会社の方と話しをしま […]

良いサービスとは準備である

経営の優先順位

  「良いサービスとは準備である」 という言葉があります。 サービスを高めることは、組織が大きくなるほど 難易度が高くなります。 研修をしても、ある一定のところで 組織のサービス力は止まってしまうことも多い。 では、次に […]

前例主義ではなく新規事例創出へ

経営の優先順位

  前例主義で考える人がいます。 前の経験、体験からものごとを判断される 人たちです。 これは、時代や歴史の流れがゆるやかに 変化する業界などには問題ありません。 以前やっていたことを踏襲すれば良いわけです。 しかし、大 […]

正解主義から修正主義へ

経営の優先順位

  ビジネスは、価値観が大きく転換しつつあります。 クライアントの現場に行った時にも感じることが 多々あるのです。 たとえば、 【正解主義】 です。 答えを求め過ぎるあまり、答えがわからない時には 動こうともしない。 こ […]

2013年の斬新な技術とは

経営の優先順位

  今年(2013年)の斬新な技術ランキングが 出ていました。 ・自動化されるもの ・今までわからなかったところが明確になる ・補助的なもの ・劇的に品質向上したもの ・短縮されたもの があげられています。 技術の進歩か […]

ページの先頭へ