【fjコンサルタンツ365日Blog:3604投稿目】

unlimitiv01

IoTの商品化がはじまった

エンドユーザー向けIoT商品は

開発段階の発表は多いですが

商品化されたケースはまだ

少ないように感じます。

 

今回、シューズ(靴底)にセンサーを

設置した商品が販売開始になりました。

 

通常だと大人向け商品で数万円する

のが普通です。

 

それが今回は子ども向け商品から

出てきたのです。

 

unlimitiv02

子どもの商品から量産化

この商品はスマホと連動しており

どれくらい歩いたかなどの情報だけでなく

走った情報やダッシュした情報が

表示されるようになっています。

 

ゲーム感覚で遊べるようになっており

身体能力を上げるためのトレーニングも

管理できるようになっています。

 

内容を見ると本格的でとても子ども用とは

思えない内容です。

 

量産化の壁を超えるところからしか普及しない

というのも、こうした商品は量産化の

壁が存在しています。

 

大人向け商品だと高額になる傾向があるのは

購入層が少ないため生産ロットが少数に

限られてしまうからです。

 

その点、子ども向けはターゲット層が広く

販売量も期待できるので一気に製造ロットを

増やし、安価に設定できるわけです。

 

今回の商品は3,900円(税抜き)設定に

なっており、全国のイオンで販売が

決まっています。

 

unlimitiv03

ターゲット層によってキャズムを超える

新規商品には販売後、普及の谷が存在

しているといわれています。

 

キャズムと呼ばれます。

いいなと感じる商品であっても

なかなか普及しないのはこうした

普及の境界線があるからです。

 

これを乗り越えるために、この商品の

ようにターゲット層を子ども向けに

するのはひとつの方法です。

 

子ども向け商品で一気に普及させれば

部品の単価も下がったり、開発コストも

回収できてしまいます。

 

その後に、大人向け商品を出すことも

可能で更に普及が加速していくわけです。

 

IoTのエンドユーザー向け商品が

このような形で出てくるのは

ユニークだと感じます。

 

ホビー向けから始まったロボットアームメーカー

小型ロボットアームが来年から

法人向け(産業用)に発売されます。

https://www.ufactory.cc/

1万ドル以下を想定しており法人向け(産業用)と

しては破格の安さを目指すようです。

 

このメーカーはいきなり法人向け(産業用)

ではなく、ホビー向けのロボットアームから

参入しました。

 

そこからノウハウを貯めて、ようやく

法人向け商品を出してくるのです。

 

このように開発の壁もターゲット層を

一段階挟むと乗り越えやすくなるのです。

 

いきなり本命のターゲット層に挑むのではなく

間を挟むという手法も覚えておいて損はないと思います。

 

 

 

【参考】

http://www.unlimitiv.com/