【fjコンサルタンツ365日Blog:3616投稿目】

sea

 

アクセラレーターとは

アクセラレーターという存在があります。

起業したばかりの企業に支援する団体、

会社のことを指しています。

 

大手企業がスタートアップ企業とタイアップ

して新規事業を創り出していくのもひとつの

アクセラレーター事例です。

 

創造は飛び抜けた人財が必要

新規事業やスタートアップ企業を起こす時

大きな成果を上げるのは飛び抜けた人財が

いることがあります。

 

新規事業で大きな成果を上げるには

大手企業でも人財不足になるのです。

 

そのためアクセラレーターといった

形で外部のスタートアップと関わるのです。

 

新薬をつくりだす製薬会社も自社の研究

施設の中にスタートアップ企業を取り込み

研究を進めています。

 

その時に、自社の社員を他の研究所に

移動させています。

 

外部のスタートアップ企業の方が確率が

高いと予測したのかもしれません。

 

人財に投資している

アクセラレーターの特徴を考えてみると

・人財に投資

していると感じます。

 

最初はビジネスプランの提案を聞くことに

なりますが、ビジネスプランだけが素晴らしく

ても支援する理由としては弱い。

 

そこに、どんな人財が関わっているのか、

だれがいるのかがポイントとなります。

 

素晴らしいビジネスプランが実際に進むか

どうかは、人の力にかかっています。

 

困難な状況を切り開いていくには、人を

ひきつけ実行力がある人しかできません。

 

開発研究では、ひとりの天才がすべてを

生み出していくこともあります。

 

そうなると大企業でも人財不足なのです。

新規事業を創出できる人財を採用教育する

ことを考えれば、外部の企業を支援しながら

協業していくことのほうが時間的メリットが

大きいわけです。

 

時間を買う

現代は時間をお金で買う時代になってきました。

この概念、ようやく浸透しつつあると

感じます。

 

便利という言葉で言い表すのは簡単ですが

ビジネスでは時間を買う便利さは大手以外でも

広がっていくと考えています。

 

企業の身売り、買収もまわりでも普通に

聞くようになりましたし、投資家という

存在も年代問わず増えていると感じます。

 

肩書が投資家という人が増えているということです。

これも面白い現象です。

 

株式会社という法人格は株主(投資家)が適正に

存在して、正確な経営が行われるようになっています。

 

それが実現しつつあるのを感じます。