【fjコンサルタンツ365日Blog:3625投稿目】

リーダー

リーダー像が変化

時代によってリーダー像が変化するのは

当たり前ですが、10年前、20年前と比較すると

この数年は大きく変化したと実感しています。

 

5年間で真逆へと転換したと考えても

差し支えない状況です。

 

と言いますか、それぐらいの転換だと

感じたほうが経営がやりやすいでしょう。

 

20世紀型と21世紀型

ではどのように変化してきたのか?

変化したのか?を見ていきたいと思います。

 

比較は大きく分けますが20世紀型と

21世紀型で分けて考えてみたいと

思います。

 

現在の30代後半以上の年齢層と

30代前半以下の年齢層との価値観の

比較だと感じています。

 

そこに明確な価値観の溝があるのは

確かです。

 

無駄が嫌いな21世紀型

21世紀型は「無駄が嫌い」です。

意味のないことをしたくないと考えて

います。

 

仕事でも最終目的を達成するために邁進

しますが、目的達成以外のことは意味がないと

感じて取り組むことはありません。

 

意味のないことを強要しないリーダーが多いのも

特徴です。

 

伝統や歴史といったことを大事にしないように

見えることもあります。

 

上の世代から見れば「破壊者」として映る

こともあり誤解されている面もあるかも

しれません。

 

本質を見極める21世紀型

無駄なことが嫌いというのは別の側面から

見れば「本質を見極める」目を持っているとも

言えます。

 

これは自分の頭で考えることができるリーダーでも

あり優秀であると評価できます。

 

本質を見極める能力が高いのはビジネスでは

最短距離を歩むことができるのでメリットが

大きい。

 

しがらみや伝統を省みない行為かもしれませんが

イノベーションはこうした本質を見極める

リーダーが起こしていくものなのです。

 

シンプルな方向へ流れる

本質を見極める行動は、まわりからシンプルな

行為だと解釈されてしまうこともあります。

 

シンプルというのは評価できるものだと

個人的には思うのですが、評価されない

こともあるのが現実です。

 

シンプルに捉え行動することは、「簡単な行為」

に見えてしまうのです。

 

しかし、複雑なことをシンプルにすることの

方が難易度が高いことを知っておくのも損は

ありません。

 

容易なことを複雑に説明することより

難解なことをシンプルに理解させることの方が

技術レベルが高いのです。

 

経営は社会貢献

経営は、社会貢献です。

21世紀型のリーダーは、この点を認識しており

実践できる力をもっています。

 

20世紀型のリーダーは頭でわかっていても

実践することができていません。

 

社会貢献より自分を満たしたいと、考えて

しまうのです。

 

自分が輝きたいという、気持ちが先に

来てしまうのが要因です。

 

経営は未来をつくる

経営は未来をつくる仕事です。

そこにはリーダーが不可欠です。

 

今後は21世紀型のリーダーが必要に

なっていくでしょう。

 

自分も大切にしながらも、利他の精神で

未来をつくっていくからです。

 

本質を見極める目を持ちながら、

将来へと導く存在だからです。

 

そう考えると今後の世の中もまだ

楽しみばかりだと思います。