fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

あらゆる分岐点が見えれば経営判断がしやすい

砂時計

【fjconsultants365日Blog:3,869投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

分岐点で考えてみる

今回は「分岐点」という視点で考えてみたい。
分岐点とは「境界線」「分水嶺」「分かれ目」「枝分かれするところ」
といった意味で使われます。

この分岐点というポイントを見極めることができるだけで
ボトルネックを見つけることができたり、ビジネスの本質を
つかむことも可能。

そういった意味では大切なことなので取り上げてみます。

損益分岐点で考えてみる

損益分岐点のことは英語で
「Breakeven point(BEP)
と言う。

赤字、黒字の境界線という意味。
ビジネスでは損益分岐点がどこにあるのかは最低限知っておく
ことですし、理解しておくこと。

しかし、この損益分岐点を見ない人がいるのです。
それでは経営は成り立たない。

また損益分岐点は最初に超える地点であり、損益分岐点を超えるには
全神経を損益分岐点に集中すべき。
経営は結果がすべてです。
まずは損益分岐点超えからなのです。

虫眼鏡

時間の分岐点で考えてみる

時間の分岐点とは?

ビジネスは時間の投資によって差が出ます。
大きく差が出るポイントが「時間の分岐点」です。

3,000時間かけてビジネスをつくりあげてきたら一気に結果が
出てきた、という事例が時間の分岐点に当てはまります。

1万時間も時間の分岐点のひとつです。
ひとつの技術や技を身につけるのに1万時間と言われているからです。

時計

集中力の分岐点で考えてみる

時間の投資の次に考えたいのが「集中力」。
ビジネスの結果は
【時間投資】×【集中力(率)】
で成立します。

ダラダラと時間をかけることもひとつの方法ですが
集中力を高めて一気に仕上げることも時には選択すべき内容。

そうなると「集中力」にも分岐点があると考えています。
集中力の分岐点とは、
「まわりの音が聞こえなくなる」
地点のことを指しています。

その地点を超えると集中力が高い領域に達しています。
通常の3倍程度のスピードが出ている領域。
ビジネスでは有効な手段です。

砂時計

資金の分岐点で考えてみる

資金投入にも分岐点があります。
ある効果を求めて資金を投入するとします。
わかりやすい例で言えば、知名度を上げ売上を伸ばすための
広告費の場合。

エンドユーザー向けでは、資金投入が少ないと結果が連動しません。
短期間に集中投下すると一気に結果が出ることがあります。

そこには資金投入の分岐点があると考えています。
ただ、これは予測しながらなので明確な分岐点は最初からは見えません。
あくまでも仮説を立てて検証する部分になります。

しかし、投入量が少なすぎる場合は結果が出ないことは明白なので
その点だけは判断できるということです。

まとめ

分岐点という視点でモノゴトを見れば、今まで見えてこない
視点が見えてきます。

どこの地点から一気に結果が出るのか?
という見極めができるようになるということ。

いつも分岐点という視点を持ちながら判断することも
有効な手段だということです。

夕日
photo by fj

付録

飛行機搭乗回数が600回超になっていますが、ステキな景色を
見ると今でも「感動」します。
上記も先日撮影した夕日。
西に向かう機中から撮りました。