「成長」の記事一覧

成長を続けながら自己評価という執着が消える

人財教育 成長
雪

今年はじめての雪経験。 朝から降り続いていました。 とはいっても、午後からは気温が上がり雨模様になる予想。 積もることはなさそうです。 今は雪エリアから移動しています。 クライアントさんのところでは朝から外で自主的に掃除をしている 人もおり頭が下がる思います。 「評価は真の評価に時間をかけて

テンポによって仕事の効果がちがう

成長
ヘッドホン

話しをするテンポ感。 文章のテンポ感。 最近、気にしている部分です。 このブログの文章も今年に入り文体を変えています。 その影響もあるのでしょうか。 毎月私の話しを聴いてもらっている人から 「今回くらいの

将来の成長は意識の差で決まる

成長
sky

「仕事は意識の差で決まるんだ」 そう言われたとき、最初は・・・よくわからない。 意識と言われても、意識はしている。 差と言われても、何の差なのかわからない。 抽象的にとらえてしまうと

個人スキルアップはゴール設定しなくてもいい

成長
sky

年末になると今年の振り返りをする人も多いですが、 そのときに「来年こそは」と新たな目標や計画を立てる人も 多いことでしょう。 振り返りをすると、「達成した」ことより ・「できなかったこと」 ・「未達なこと」 にフォーカスしてしまいがちだからです。 特に「手をつけなかったこと」に対して

燃え尽きにならないアウトプットの継続とは

成長 経営の優先順位
fire

「燃え尽き症候群」という言葉を聞かなくなった。 そこまで無理をして取り組むことが美徳ではなくなったからではないか、 と思っています。 そんな中、「◯◯に広がる燃え尽き症候群」という記事が。 そう、ある業界の人たちは神経をすり減らして取り組んでいたのです。 個人的には「そうだろう」と思っていましたが事実として

一流二流三流の原理原則とは

人財教育 成長
sky

ふと見渡せば「本物(ホンモノ)」という単語が 忘れられた数年が過ぎました。 忘れた頃にまた言葉は流行りだします。 1年後、2年後には「本物(ホンモノ)」という言葉が また数多く見られる時期に来るでしょう。 ではホンモノとは

入社5年、27歳の壁

成長 採用
人影

27歳28歳には分岐点があると言われています。 資格取得や語学のスクールにはこの年代が多い。 仕事以外でも同級生の結婚式も増える時期でもある。 なんとなく、まわりから「ちゃんと考えろ」と言われているような 雰囲気を感じる時期。 そろそろ真剣に考えなければならないのかな、と思う時期なのです。 この時期に何をどのように考え、判断したらいいのだろうか。 その点を考えてみたいと思います。

仕事の読書について考えてみる

人財教育 成長
本

今年の秋は読書。 とにかく読書。 理由はなく、ただひたすら読みたいだけ。 周期的にそのような時期が訪れます。 読書がすすむときは仕事と生活にバランスが取れているということ。 わるいことではないのです。 読書のことを考えるとき 情報収集の手法として読書の地位は下がっているのだろうかと

自分の能力開花のためにつぶしておくポイント

成長
キーボード

人は他人の目を気にする。 他人の目があるから頑張ったりもする。 他人からどう見られているかを気にしたりもする。 そのせいか ・期待されていないから頑張らない ・ダメだと思われているからもういい といったことも感じる。 いったい自分を信じれくれる人はいるのだろうか。 そんな疑問が出てくる時期もあります。 そんなとき、

ページの先頭へ